流行りメイク


皆様こんにちは!

気温もだいぶ寒くなり、秋も終わりに近づく季節となりましたが

いかがお過ごしでしょうか?

 

私は先日郡上八幡城に行ってまいりました!

天気は曇りで、やはりだいぶ寒かったのですが紅葉がとても綺麗で

見惚れてしまう程でした(*^^*)

お城もとても立派で感動しました!

また機会があったらいってみたいですね(^-^)

 

それでは本日のお題は“メイク”です!

今はやりのメイクをご紹介していきたいと思います(*^^)v

 

①うさぎメイク(*^^*)

最近街を見渡すと、下まぶたを赤くメイクしている人が多く見受けられます。
実は、このメイク法は若い女性を中心に流行しているメイクなんです!
 
うさぎメイクは、下まぶたにほんのりさりげなく赤シャドウをのせて《泣きはらしたうさぎのような目》を演出するのがポイントです!
 

  • このメイクは色のふんわり感が大切なので、綿棒を使うと上手にできます。指でつけるとつきすぎるので、綿棒の先端で下まぶた中央の3点につけます!優しい発色にするためにも、〝少なすぎるかな?〟と思うくらいの量で充分ですよ(*^^)v
  • けた色を綿棒を横に動かして色を馴染ませます。
  • まぶたのシャドウは気持ち薄めに仕上げるとバランスが良くなります(^-^)
  • 赤シャドウはノンパールを選ぶとよいでしょう!

 
下まぶたには自然な血色に近い赤みが理想的なので、ノンパールのものを選ぶのがベストです!またフレッシュさも欲しいので、やや朱赤に近い色味がいいですね(*^^*)
 
赤を使うと少し色っぽい目元になりますがふんわり可愛い印象を作りたい人はピンク系のシャドウを使ってみてくださいね(*^^)v
 
そしてアイラインですが、長く伸ばしたり目じりを跳ね上げることもなく、
目の形通りにラインを引いていきます。
 
ポイントはまつ毛の隙間を埋めるように書くこと!丸目を目指すので、猫っぽくなってしまう目尻の跳ね上げラインはNGです!あくまでもナチュラルにが基本です(>_<)
 
たれ目な印象にするために目尻の三角ゾーンを茶色シャドウで埋めるとよりかわいい印象になりますよ!茶色のシャドウで全体的に柔らかなアイラインを描くのもかわいいですね(*^^*)
 

 

②艶肌メイク(>_<)

メイクしている事を感じさせない透明感のある艶肌のコンセプトは2018年の春夏のメイクでは非常に重視されるポイントで、キラキラと輝くような素肌メイクはぜひ取り入れたいメイクアップ術ですね!
 
また今シーズンの旬のメイクでは、作りこみ過ぎない事も重要で、アイメイクがバッチリならリップは控えめにという具合に顔のパーツごとにメイクをプラマイして全体のバランスをとることがトレンドとなるようです(*^^)v
 
因みに、2018年のメイクのトレンドのカラーはピンク、赤、オレンジといった暖色系の明るいトーンが人気で、ラメやパール入りのツヤ感のあるコスメのアイテムで春夏の華やかな雰囲気を上手く演出するのがポイントですよ(*^^*)

 
以上二点流行りのメイク法をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

少しでも気になるものがありましたら是非試してみて下さいね(*^^)v

 

それでは本日はここまでとさせていただきます!

最後までお付き合いいただきありがとうございました(>_<)   また次回もお楽しみに! 美容でした(^^)