ドライフラワーでスワッグやハーバリウム作り


こんにちは。花屋の伊藤です。

今日は、最近人気のドライフラワーについてお話しさせていただきます。

ドライフラワー

ドライフラワーは、簡単に言うと生花を乾燥させたものです。寿命の短い花の美しさを長く楽しめます。

乾燥させたことによって出るアンティークな風合いは、インテリアのアクセントとなります。

最近は結婚式で使われることも多いです。

シャビーシック、ナチュラル、アンティークな雰囲気が好きな方におすすめです^^

 

ドライフラワーは、自分でも作ることも可能です。

やり方は簡単です!ドライフラワーにしたい花や葉物を吊るすだけです。

ポイントは、花の選び方と花の状態、そして吊るす場所です。

 

花の選び方は、茎が柔らかいものではなく、水分の少ない硬いものを選ぶことです。

茎の柔らかいものは水分が多い物が多く、ドライフラワーには不向きです。バラ、ミモザ、ユーカリなど茎が硬く水分の少ない、乾きやすいものがおススメです!

他には、スターチスやカスミ草、千日紅や水分の少ない実ものもドライフラワーになりやすいです。

 

続いて、花の状態についてです。

きれいなドライフラワーにするには、一番いい状態の花を使うと良いようです。ドライフラワーにする前には、新鮮な花を用意して、きちんと水を吸わせた状態にしましょう。そうすることで、色の出方が良くなったり長持ちします。

 

最後に、吊るす場所です。

風通しの良い所、直射日光の当たらない所、花に物が当たらない所です。

よく天井に吊るしているのを見かけますね。

 

ドライフラワーの作り方で、シリカゲル等を使う方法もありますが、上にあげた作り方は花と場所さえあれば簡単に作ることができます^^ 生花が少しずつドライフラワーになっていく過程も楽しめますね。ぜひ、ドライフラワー作りにチャレンジしてみてください!

 

また、出来上がったドライフラワーはそのまま天井に飾っておくのも素敵ですが、色々な飾り方、使い方ができます。よく見られるのはリースですが、もっと簡単なのはまとめて束ねてリボンを付けて吊るす、スワッグです。

スワッグシンプルで素敵ですね。

生花は水を替えたり等手間がかかりますが、

こちらは飾っておくだけなので、インテリアとしてお忙しい方におすすめです。

 

また、美容の河村さんがブログにて作りたいと言っていた写真立てもドライフラワーで作られています。こちらはとても可愛かったです^^ぜひ、ブログをのぞいてみてください。結婚式のグッズにも使えそうです。

 

他にも、以前花屋の松岡さんのブログにて、ドライフラワーを使ったプチギフトを紹介させていただきました。ハーバリウムとワックスバーです。ハーバリウムワックスバー詳しくは松岡さんのブログをのぞいてみてください^^

どちらも簡単に作ることができます。

 

ここで、お知らせです^^

このハーバリウムとワックスバーを作ってみませんか?

9月3日(日)ワークショップフェアをします!

どちらも最近流行っていますが、そんな流行りをちょこっと体験できます。

ハーバリウムとワックスバー以外にも指輪づくり体験もありますよ。

ぜひ、お問い合わせくださいね。お待ちしております^^