暑さ対策


こんにちは、花屋の伊藤です。

先週は毎日暑い日が続きましたね。今週は少し雨の日もありそうですが、7月も終わりに差し掛かり、皆さん夏バテになっていませんか?

前回のブログでもエアコンが苦手とありましたが、私もエアコンが苦手で、エアコンの効いたところにいるとクーラー病や夏バテになりやすいです。なので、なるべく家ではエアコンよりも扇風機を使うようにしています。

でも、やっぱり暑いです、、、外も暑いし中も暑いですね、、、私もウナギで夏を乗り切りたいです(´о`)

今年の夏を乗り切れるよう、身近にできる暑さ対策を探してみました。

 

まず、外で出来る暑さ対策をいくらかご紹介します。

簡単にできるものは、日傘をさすことです。

よく女性が紫外線対策として日傘を使用しているのを目にしますが、紫外線対策だけでなく、日光を遮ることで暑さもだいぶ和らぐようです。

体感温度が5℃くらい変わるそうで、熱中症対策として女性だけでなく男性にも推奨しているようです。

昔は面倒で日傘をさしたり、持ち歩いたりしていませんでしたが、最近はとても快適なのでなるべく使うようにしています。少しでも日陰になることで暑さが和らぐので、とてもおすすめです。

 

次にご紹介するのは、昔ながらの方法で有名な打ち水です。

サクラヒルズでも、山下支配人がよく打ち水をしてくださっているのを目にします。

打ち水は江戸時代の庶民の知恵で、その名のとおり地面に「水を打つ」ことです。気化熱によって地面の熱が大気中に逃げていき、周囲の気温はおよそ2℃くらい低くなるそうです。気温が上がりすぎる前、午前中に打ち水をすると効果が上がるそうです。

 

日陰と気化熱を利用したものは、木陰に入るという方法です。

木陰は、伸びた枝や葉が日陰を作ります。そして葉からは水を蒸発させて、気化熱となり周囲の気温が下がるようです。夏場は陰のない公園や広場よりも、木陰のある公園等が快適に過ごせそうですね。

 

屋内での暑さ対策もご紹介します。

まずは、すだれやよしずを使う方法です。

直射日光が家の中に入るのを防ぎ、すき間から外からの風が通り抜けていくため、家の中の空気が循環し室温を下げます。カーテンでは風通しが悪くなってしまい、ブラインドだと室内が暗くなってしまうのですが、すだれを使うと、程よい隙間で日陰を作りながらも暗くなりすぎず、風通しも良いようです。

 

次は、保冷剤等を使い体を冷やす方法です。

保冷剤をタオルに巻き、頭や体にあて冷やします。特に脇や股には大きな血管が通っているので、この部分に保冷剤をはさむことで体を効率良く冷やすことができます。

 

他には、夏野菜を食べるという方法です。

夏野菜のトマト、きゅうり、なす、ゴーヤ、バナナ、すいかなどには、カリウムと水分がたくさん含まれています。カリウムと水分が多いと利尿作用が起こり、尿を出すことで体の体温を下げる効果があるそうです。東洋医学でも夏野菜は体温を下げる効果があると認められていて、春や夏に収穫できるもの、暑い地方で収穫できるものが特徴です。

暑いからといって、冷たい飲み物等をたくさん摂るのは要注意だそうです。急激な体内温度の低下で、逆に体温を上げようとすることもあるようです。

 

エアコンに頼らなくてもいろいろな暑さ対策がありますね。

とりあえず、外にいるときは、日陰や木陰を探したいと思います!

 

余談ですが、最近家でバジルを育てています^^

バジル

植えるのが少し遅かったせいか、まだまだ株が小さいのですが、早く夏野菜のトマトと一緒に食べられたらなー!と思って成長を見守っています。

それでは、本日もお読みいただきありがとうございました。