梅雨入り


こんにちは、花屋の伊藤です。

先日サクラヒルズの庭で、とても小さな子を発見しました。

迎賓館サクラヒルズ川上別荘

お気づきでしょうか?

上の写真の中に、小さな生き物がいます。見えますでしょうか?

 

 

 

こちらです↓

迎賓館サクラヒルズ川上別荘

カマキリ君です^^

体長1センチメートルほどで、花の上にひっそりといましたよ。

生まれも育ちも田舎で、いろんな生き物に出会う機会もたくさんありましたし、自然豊かなサクラヒルズに来てからも色々な生き物に出会いましたが、こんなに小さなカマキリ君を見たのは初めてです。

生まれたてでしょうか?

よく見るカマキリの大きさまで成長するには大変だとは思いますが、すくすくと育ってほしいですね。母のような気持ちでお別れしました。

 

 

その後は、日々の業務をこなしていたのですが、またしてもカマキリ君に遭遇いたしました!!

迎賓館サクラヒルズ川上別荘

なぜか花屋内にて、、、

連れてきた覚えはないのですが、、、しかも先ほどのカマキリより少し大きいので別個体のようです。

まさかまた会えるなんて、、、それも同じ日に会えるなんて、、、思いもしませんでした。本当に自然豊かです^^

 

虫が苦手という方も多いかもしれませんが、カマキリはどちらかというと害虫を食べて駆除してくれる益虫にあたるようです。

しっかり成長して、害虫駆除を頑張っていただきたいですね!!

迎賓館サクラヒルズ川上別荘

 

さて、そんな自然豊かなサクラヒルズでは、最近アジサイがきれいです。

敷地内のいろいろな所で、場所によって色を変えて咲いています。

今のところ、青や青味の紫色をしたアジサイが多いように思います。生えている土の成分によって色が変わるといいますよね。

小学生の頃に倣ったような記憶もありますが、遠い記憶なので調べてみました。

アジサイは酸性土壌では青色、アルカリ性土壌では赤色となるそうです。

サクラヒルズ敷地内に限らず、日本では他国に比べ青系の色のものが多いそうです。理由は雨量が他国に比べ多いことによるそうですよ。

 

また土壌の性質にかかわらず、様々な色や咲き方のアジサイが品種改良もされて増えてきていますね。

最近は、贈り物としてアジサイの鉢花も人気です。鉢花でしばらく楽しんでいただいて、その後は庭などに地植えをすることで毎年楽しんでいただけるのが理由の一つのようです。

毎年綺麗な花を咲かせるポイントは、花が咲いた後、剪定をしてあげる事です。剪定方法は、緑色の枝の下の方2~3節を残すように切ります。葉の付け根の節に新芽が見えているので、元気な新芽を5~6個残すようにするのがポイントです。

庭のアジサイを咲き終わる前に剪定し、切ったアジサイは切り花として家の中でも楽しめそうですね。

 

今日は梅雨入り後の久しぶりの雨模様となりました。大雨で大変な地域もあるようですが、サクラヒルズの庭は久しぶりのまとまった雨でアジサイが元気に咲いています。

迎賓館サクラヒルズ川上別荘

 

お読みいただきありがとうございました^^