紫外線対策


皆様こんにちは!

サクラヒルズ美容の鈴木です(*^-^*)

 

桜も段々と葉が付き始め暖かさが増す季節となりましたが

いかがお過ごしですか?

ゴールデンウィークも近づきつつありますが

もうご予定はお決まりでしょうか(^-^)

 

さて今回はこの季節意外と油断しやすい紫外線について

お話ししていきましょう(*^^)v

 

この季節気温も徐々に上がってくるので

半袖や薄着の方も増えると思います!

 

ですが、紫外線量が急増するのもこの時期で、

この時期の紫外線量は残暑のキツイ9月とほぼ同等なのです><

 

柔らかな春の日差しの中にもかなりの量の

紫外線が降り注いでいますから油断は大敵です!

しわやシミの原因となる紫外線対策は

今のこの時期から心して取り組んでいきましょう!(^^)!

 

紫外線量は急増するとはいえ乾燥と寒さの厳しかった冬に比べると

春はお肌にも快適なシーズンです(^-^)

真夏の強烈な日差しと違い警戒心は湧いてきませんが

対策を先延ばししないことが肝心です!

 

冬場は乾燥対策に重点を置いたスキンケアだったと思いますが

春からは乾燥対策だけでなく、紫外線対策にチカラを入れていきましょう(*^^)v

 

まず、外出前には日焼け止めの使用は必須です!

特に紫外線を浴びやすいTゾーンは意識して

目元や首筋も忘れずに守るようにしてください(*^^*)

 

紫外線は上からだけでなく、

反射して四方八方から飛び交っていますので

首筋やあごのあたりのガードもお忘れなく><

 

日焼け止め化粧品に表示されている「SPF」や「PA」とは

紫外線をカットしてくれる基準です。

数値が大きいものほど長時間紫外線をカットしてくれます!

しかし、数値が大きくなるほどお肌への負担も大きくなるため

日常使いなら「PA+」「PA++」や「SPF15~25」のものを選び

こまめに塗りなおすといったケアがオススメですね(*^^)v

 

紫外線についてのお話は以上となりますがいかがでしたか?

皆さんも日焼けにはよく注意しましょう!

 
 

さてさて今回はもう一つ!

 

春特有の花粉の時期のメイクについてお話しします(^-^)

 

花粉症だからと言ってメークをしない方がいいということではありません!

メークによって肌の上から1枚膜を作ることで

花粉の刺激を直接受けずに済みます!

 

ファンデーションは薄く塗るようにしましょう。

ファンデーションに油分が多く含まれていると

花粉が付着しやすくなりますので、

仕上げにパウダーをつけて表面をさらさらに保つようにすると良いでしょう!

 

目のまわりは皮膚も薄くデリケートですから、

アイメークによって、かゆみや腫れ、赤みが生じることが考えられますので

粘膜に近い部分のメークは様子を見ながら行った方が安心ですね(*^^*)

 

また、過敏になり添加物や色素などに反応しやすくなっているので

自分のお肌が過敏な状態の時でも安心して使えるブランドを

探しておくのも良いと思います(*^^)v

 

アイラインやマスカラは涙で流れてしまうこともあるので使用には要注意です!

かゆみや赤みが出たら少し使うのをお休みするなど様子を見てくださいね><

 
 

花粉の時期のメイクについては以上となりますが

 

こちらもいかがでしたでしょう?

最近では花粉症でお困りの方も多いと思うので

少しでもお役に立つ情報でしたら幸いです(^-^)

 

それでは今回はこちらで終了とさせていただきます!

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました><

 

次回も是非お楽しみに!

美容の鈴木でした(*^^*)