迎賓館サクラヒルズ川上別荘 公式ブログ

ウエディングドレスのシルエット

皆さんこんにちは。今日はウェディングドレスをシルエット別にご紹介します。 ウェディングドレスのシルエットとは、全体の印象を決めるドレスの形(ライン)のことです。

Aライン

上半身が小さく、ウエストから裾に向かって直線的にスカートが広がるアルファベットのAのようなシルエットのドレスのことです。

ウエストラインが高い位置にあり切り替えがないため、縦のラインが強調され、背を高く見せる効果があります。

体型を選ばず、シンプルで洗練された印象を与えます。

 

プリンセスライン

ウエストの切り替えがなく、スカートが大きくふんわりと膨らんだシルエットのドレスのことです。

縦の切り替えによって上半身は体にフィットさせ、腰から裾にかけて広がりを出している。スカートの広がりやボリュームはパニエの量で調節します。

ウエストラインを細く見せ、体型を選ばず、誰にでも似合う正統派のドレスです。

華やかで愛らしさがあり、広い会場に向いているシルエットです。

 

スレンダーライン

全体が細身で、体のラインにフィットしたストレートなシルエットのドレスです。

シンプルでモダンな大人っぽい印象を与えます。

レストランなどあまり広くない会場にも向いています。

ペンシルラインともいいます。

 

マーメイドライン

上半身から膝までは体のラインにフィットし、膝から裾にかけてギャザーやフレアが入って広がっているシルエットのドレスのことです。

マーメイドとは人魚の意味で、膝から裾までのラインが人魚の尾びれのように見えることからマーメイドラインと呼ばれていますよ。

女性らしく柔軟で美しいラインをかもし出し、大人びた優雅な印象を与えます。

長身で細身の体型の人に向いています。

 

エンパイアライン

バスト下にスカートと身頃の切り返しがあり、そこから直線的に裾に向かって落ちていくシルエットのドレスのことです。

上品でセクシーな印象を与えます。

ウエストの位置が高いので小柄な人にも向いています。

またマタニティドレスとしても妊娠中に人も気にせず着用できます。

 

シンメトリー

形状が左右対称で、バランスの取れた安定感のあるシルエットのドレスのことです。上品で美しい印象を与えます。

反対に、左右によって形状が異なっている左右非対称のシルエットのドレスをアシンメトリーというです。

 

アシンメトリー

左右によって形状が違う、左右非対称のシルエットのドレスのことです。

変化に富んだデザインが特長で、オシャレで個性的な印象を与えます。

左右非対称だが全体的にもバランスがとれているデザインで、 片方にだけ肩ひもがあるワンショルダードレスやスカートの切り替えが斜めのドレスなどさまざまなデザインのものがあります。

 

ドレスによって似合う体型や、演出したい雰囲気が違うので、ぜひ好みのドレスを見つけてみてくださいね。^_^

 

そしてまだまだ暑さが厳しいので体調をくずされませんようお元気でお過ごしくださいね。