迎賓館サクラヒルズ川上別荘 公式ブログ

崩れないベースメイクについて

皆様、こんにちは!

いつもサクラヒルズのブログをご覧頂き、有難うございます。

 

本日は美容の河村が担当させて頂きます!

 

 

最近は秋の風を感じますね♪

もう秋かぁ~~・・・^^

 

さて!もうすぐハロウィンですね!

河村は一足先にコスプレをして、ユニバーサルスタジオジャパンに行ってきました!

友人がナースで、私が患者さんでした。

呪怨に出てくる男の子風にメイクをしたくて、顔を白く塗って、目の周りを黒く塗って、口を白くして鏡を見てみると・・・

どこの動物園から脱走してきた?って思うくらい、パンダみたいになってしまって(笑)

人面パンダだけは、かなりやばい・・・

結果(安定の)ゾンビ風に傷メイクをしました^^

 

 

ゾンビが去年より増えていて、かなり驚きました(笑)

 

でもやっぱり、アトラクションに乗るときはテンションが上がりますね^^

 

平日に遊びに行ったので、そこまで混んでいませんでした。

 

ゾンビがいっせいに踊りだすゾンビモブ、今年はゲストも参加で楽しかったです。

 

では本日はベースメイクについてご紹介致します。

 

メイクの仕上がりを左右するのがベースメイクです。

ベースメイクが綺麗に仕上がっていると、アイメイクやリップメイクが手抜きでもきちんとした印象を与えます。

しかしベースメイクが崩れてしまっていると、それだけで残念な印象になってしまいます。

 

ここで、崩れないベースメイクの作り方をご紹介致します!

メイクにはベースメイクとポイントメイクとあります。

ポイントメイクとは、アイメイクやリップメイク、チークなど色物メイクのことを言いますが、ベースメイクとはその土台となる部分のメイクのことを言います。

具体的には、化粧下地からファンデーション、そしてフェイスパウダーまでがベースメイクに入ります。

 

ベースメイクをする前にはスキンケアで肌の土台を整える事が欠かせません。

肌の土台作りが不十分だと、メイクが崩れやすくなります。

ベースメイクの前の肌の土台作りとしては、まずは洗顔後の肌に化粧水でたっぷり潤いを与え、その後、乳液で保湿します。

 

乳液はベタつくから使用しないという人もいますが、乳液で保湿しておかないと肌は乾燥してしまいますので、メイクのもちを良くするために必ず使用するようにしましょう。また必要に応じてクリームも使用します。

特に乾燥肌の人や乾燥しやすい目元・口元は、クリームで保湿してあげましょう。

乳液やクリームで肌を整えた後は、油分をティッシュオフしてからメイクを始めます。そうすることで、油分が多すぎることでメイクが崩れてしまうのを予防することができます。

このようにして肌の土台を整えておくと、メイクのノリが良くなりますから、ベースメイクの仕上がりに差がつきます。

 

化粧下地の選び方について

化粧下地にはいろんな種類があります。

肌にくすみや色ムラがある人は、肌色を整えてくれるものを選ぶと、肌色がキレイに仕上がります。また乾燥肌の人は乾燥を防ぐ美容成分が配合されているものを選ぶと、肌がカサついたり、シワっぽくなったりするのを防ぐことができます。
化粧下地の中には、紫外線カット成分が配合されているものもありますから、そういうものを選ぶと紫外線対策もできて一石二鳥です。

 

カラーコントロール効果のある化粧下地を選ぶ場合は、自分に合ったカラーを選ぶことが大切です。

  • シミやそばかす、肌の赤みが気になる人は「イエロー」
  • 赤ら顔やニキビ跡が気になる場合は「グリーン」
  • 黄くすみが気になる人は「ブルー」
  • 肌がくすみやすい人や血色が悪い人は「ピンク」
  • 肌に透明感を与えたい人は「パープル」

 

ベースメイクはまずスキンケアで肌をしっかりと整えた上で化粧下地を塗ってから、ファンデーションで仕上げると崩れにくくなります。

 

さらに化粧下地やファンデーション、フェイスパウダーは肌質に合わせて崩れにくいものを選び、ファンデーションの正しい塗り方をマスターすることでキレイなベースメイクを持続させることができます。

ぜひお試しください!!

 

以上です。最後まで読んで頂き、有難うございました^^