迎賓館サクラヒルズ川上別荘 公式ブログ

ゲスト参加型のイベント

おはようございます。

カメラマンの久田です(^^*)/

本日ご紹介する方はチャペルでの人前式にて『水合わせの儀』を行われたこちらのお二人。

ご両家様からお持ちいただいたお水をオリーブの木に注ぎ『水合わせの儀』としていました。

水とは、育ってきた環境や土地を表現するもので、全く別のふたつの水が混じり合うことでふたつの家族がひとつになる。

そしてそれを受け入れて新しい家族として幸せになる・・・という新郎新婦の決意を表すセレモニーです。

実は、お二人が水を注いだオリーブの木はゲストの皆様が共同作業で植樹されたもの。

『ユニティブランディングセレモニー』というゲスト参加型のイベントで、

ゲストの皆様から鉢の中にひとすくいの土を入れていただき植樹をし、

その樹に「新しい家庭を2人で一緒に築き、そして大事に育てていきます」などの意味を込めて新居で育てます。

植える木として人気なのは、しあわせの木と呼ばれるガジュマル、夫婦愛の意味をもつウンベラータ、「私は死ぬまで変わりません」のメッセージを持つ月桂樹など。

今回は「平和」「安らぎ」の意味を持ち、「幸せを運ぶ樹」と言われているオリーブでした。

『結婚式の思い出=記念樹』として残すことができるのでオススメですよ(*^^*)

もちろん、結婚式の思い出は写真でもしっかり残してくださいね!

結婚式当日ってバタバタしていて意外と細かいところまで覚えていないものです。

ゲストの方のお顔おひとりおひとりは思い出せると思いますが、

どんな料理を食べたっけ・・・

せっかく友達が余興をしてくれたけど泣いてて覚えてないや・・・

残念ながら人間の記憶はあいまいなもので、全て記憶しておくことは不可能です。

それに、結婚式って新郎新婦様の知らないところで色んなことが起きているんですよ。

例えば…

ご新郎様!こんなにゲストの方が参加してくださったのご存知ですか?

ゴスペルシンガーによるゲストを巻き込んでの歌のイベントで私が知る限り過去最長の列ができました!

数えてみたら、なんと21名!!!

本当にみなさん楽しそうで私も参加したくなってしまいました(笑)

こんな素敵な場面を残すためにもぜひ写真を撮りましょう!

それでは♪