迎賓館サクラヒルズ川上別荘 公式ブログ

ベトナム出張その②

シンチャオヽ(*’▽’)/

カメラマンの久田です!

今回もベトナム出張のお話を。

(ちなみに『シンチャオ』とは朝昼晩問わず使っていいベトナム語の挨拶です♪)

『オレンジスタジオSAIGON』はホーチミンから少し離れたところにありますが

地元の方からとても人気のスタジオですv(゚∇^*)

日本のオレンジスタジオも様々なセットがありますが

そんなの比じゃないくらいに広大な敷地に多種多様なセットがあります!

どこのセットも可愛くて撮影してみたい場所がたくさんありました(/^▽^)/

そして、今回の私の1番の目的は

私がお手本にしているベトナム人のカメラマンの撮影を見ること!

後ろ姿のこの彼が本当に素敵な写真を撮るカメラマンで

ロケーション撮影でこんな素敵な写真を撮っています(*^^*)

なんでこんな素敵な写真が撮れるのか不思議で

ぜひ撮影風景を見てみたかったのですが

今回は残念ながら現地のお客様とのタイミングが合わず・・・。

でも、ロケーション撮影には同行することができませんでしたが

スタジオでの撮影では勉強になることが多くあり

早く撮影でやってみたいなぁと思っています!

ちなみに、現地のスタッフに聞いたところ

ロケーション撮影のときは光の都合もあるので

早朝に出発して2・3時間かけて移動し撮影することもあり

撮影方法によってはスローシャッターを使うこともあるので

お客様に数秒間体勢をキープしてもらうこともあるそうですΣ(゚□゚(゚□゚*)

カメラマンもそうですが、ベトナム人の写真に対する情熱に驚きました!

【おまけ】

ベトナムではバイクが市民の交通手段となっているのでほとんどの人がバイクを持っています。

そのため、朝の出勤ラッシュのときなんて右を見ても左を見てもバイク!バイク!バイク!

みなさん車の間を上手にすり抜けていきます。

しかも、鳴り響くクラクション!クラクションは怒っているのではなく

事故を起こさないために「私ここにいるよ」という合図のようなものらしいのですが

クラクションの音をあまり日本では聞かないので

鳴らされる度にビクッとしてしまいました(笑)

ちなみに、現地のガイドさんが教えてくれたバイクのルールはこちら。

ローカルルールかもしれませんので、そのあたりはあしからず(笑)

①必ず全員ヘルメット着用

②サイドミラー必須

③1台の最大乗車人数は子供2人・大人2人まで

え!最大4人!!(゚ロ゚屮)屮って思った方も多くいると思いますが

ベトナムではOKなんだそうです。

それでは♪