迎賓館サクラヒルズ川上別荘 公式ブログ

ジューンブライド♡

皆様こんにちは!

いつもサクラヒルズのブログをご覧頂き、誠にありがとうございます💗

本日はプランナーの田上が担当いたします!!

 

さて、6月に入り、だんだんと夏に近づいてきましたね☀️🌻

日差しの強い日も増えてきましたので、皆様も熱中症にはお気をつけください!

そんな中、天気予報では梅雨入りのニュースも出てきました!

6月は梅雨の時期ということもあり、結婚式の時期を避けられる方もいらっしゃいます。しかし、結婚式にまつわる言葉で「ジューンブライド」という言葉があり、

“6月の花嫁は幸せになれる”とも言われています♡

今回はその「ジューンブライド」について詳しくご説明します✨

 

ジューンブライドには3つの説があるそうです!

まず1つ目は、女神ユーノー様説

ギリシャ神話に出てくる、神様のゼウスとその妻のヘラという人物がおり、ヘラは、ギリシャ神話の中で”最高位の女神”と言われています。ヘラは結婚をし子供を授かり、女性や子供、家庭の守護神、結婚生活の守護神とされていました。この神話が、ローマに持ち込まれ、ローマ神話ではヘラの事をユーノーと呼びます。そのユーノーを6月1日に祭られるようになったことから、6月に結婚するとユーノーに見守られ素敵な結婚生活ができ、幸せになれると言われたそうです。

 

そして、2つ目は345月忙しい説

昔のヨーロッパでは、3~5月は農業が忙しく、この時期に結婚式をするのは農作業の妨げになるとのことから、結婚式が禁止されていたそうです。そのため、カップルは6月を楽しみにし、6月になると多くのカップルが結婚式を挙げたそうです!そして。みんながお祝いしてくれる6月に結婚すると幸せになれると言われました!!!

 

そして3つ目は、天気がいいから説

日本とは違いヨーロッパでは、6月が1番雨が少なく気温もいい時期ということから、6月が多いみたいです!

 

ジューンブライドの由来は全てヨーロッパでの話ですが、

日本でも「6月の花嫁」は他の花嫁さんより少し特別✨✨✨な感じがしますよね😊

そして、ヨーロッパでは6月12日を「恋人の日」というそうです💗

とっても素敵ですね♡

皆様も恋人の日には、大切な恋人と過ごしてくださいね💗

そして、6月をお二人の大切な結婚記念日にしてはいかがでしょうか?♡

 

先日、高山にある結婚式場「長瀬旅館」の撮影があり、サクラヒルズのスタッフも高山へ行ってきました。

 

 

そして、帰り道にはひるがの高原SAでのアイス休憩です(笑)🍦

季節限定のストロベリー味がとっても美味しかったです🍓

 

また、インスタグラムなどでも写真をアップしていきますので、ぜひご覧くださいませ✨

フォローもお待ちしております♡

@s.sakurahills

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

次回のブログもお楽しみに👋🏻