桜のチャペル

大自然に囲まれた開放感、静寂に包まれる神聖な空気

木曽川の美しい自然を感じる独立型の「桜のチャペル」では、教会式や人前式を挙げることができます。
アンティーク家具が持つ重厚な雰囲気と、ステンドグラスを通して差し込む太陽の柔らかな光が厳かな空間をつくり、挙式という神聖な儀式に心地よい緊張感を与えます。

緑に囲まれたチャペルで心温まるセレモニーを

「桜のチャペル」と名づけられたこのチャペルは、パイプオルガンの音が心地よく響き、ステンドグラスを通して降り注ぐ日差しが、厳かな空気と暖かみのある空間を生みだします。 家族への感謝の心やゲストからの温かい祝福に満ちた結婚式が、ふたりの記憶に刻まれることでしょう。

アンティークのステンドグラス

美しいステンドグラスは180年程の歴史を刻むアンティーク。イギリスの教会1つ分のステンドグラスを買い取り、サクラヒルズに合わせて加工しました。透明ガラスの上には桜をモチーフにしたデザインがあしらわれ、世界にひとつしかない「桜のステンドグラス」が誕生しました。

二人を祝福する桜の花びら

「ベールダウン」や「リングリレー」などオリジナル演出も可能なチャペルでの挙式。バージンロードは、花嫁のトレーンが美しく広がるよう計算されたもの。結婚式のラストには、スタッフからの祝福の思いを込めて桜の花びらが舞い降りる「エンディングシャワー」のプレゼント。ゲストからの歓声が最後の瞬間に彩を添えます。