Blogブログ

2018.08.10(金)

結婚式のお天気は

家の前の栗の木。

連日溶けるような暑さが続いていて、猛暑で食欲が落ちている方もみえるかもしれませんが、食欲の秋の準備は着々と進んでいますよ。

 

今日は結婚式の天気のお話(‘-‘*)

結婚式の日がだんだん近づいてくると、当日の天気が気になるものですよね。

 

遠方から来てくれるゲストのことを考えても、傘の心配もない晴れに越したことはないのですが、当日の天気予報が「雨」なことも十分あり得ること(。・ェ・)

楽しみにしていた結婚式が雨の予報だったら、やはり気分が少し落ち込んでしまうかもしれません。

そこで世界の様々な国で言い伝えられている、雨の日に幸せになれる縁起の良いジンクスを紹介させて頂きますね’゚ 。.:*:・’゚☆。

 

 

♦フランス♦

‘雨の日の結婚式は幸運をもたらす’

新郎新婦が死ぬまでに流す一生分の涙を神様が代わりに流してくれるという意味からきているとか。

 

♦イタリア♦

‘雨に濡れた花嫁は幸せになれる’

農作物の栽培に不可欠な雨。雨が降ったら土壌が良くなってどんどん繁栄するという意味があるそう。

日本でも、恵みの雨や雨降って地固まるという言葉があるように、雨には良いイメージがありますよね( ^-^)

 

♦ハワイ♦

‘雨が降らないと幸せの虹は見られない’

雨が降ることが、もっともっと良い結果に繋がることを指しています!

 

 

♦チベット♦

チベットの地域では、‘雨が降ることを空からお花が降ってくる’と表現しているそう。

人生の大切な日に雨が降ったら、お花いっぱいの華やかで幸せな日になると言われているのだとか。可愛いジンクスですね♪

 

挙式が近づくと、毎日天気予報を気にしながら晴れを願う花嫁さんも多いと思います。

万が一雨の場合も…気持ちを切り替えて思いっきり楽しみましょう(*^-^)

ブログ一覧